訪問看護のお仕事

ママさんナースに人気がある職場が訪問看護ステーションです。
在宅で頑張っている患者さんの医療補助、リハビリの指導などを行います。
また、食事や排せつ、入浴や歩行といった個人に合った指導もしていきます。
もちろん、体温を測ったり、血圧を測ったりもします。
おむつを替えることもあります。
患者さんが喜んでくれるのを見ると、やりがいを感じる仕事だと思います。
もうひとつの大事なお仕事が、患者さんの家族をささえることです。
介護はストレスが溜まります。
家族の方も、看護師さんにいろいろ聞いてもらいたいことが多いのです。
しっかりと聞いてあげて、適切なアドバイスをすることにより、安心されます。
訪問看護は看護師の仕事の中でもいろんな意味で特別な感じの仕事と言えるでしょう。



SEという仕事は無くならないの

どんな仕事もビジネス上、必要とされるから成り立っています。
もし、その仕事が必要ないとされた場合、必然的にその職業は消滅します。
では、SEの仕事は今後もずっと存在し続けるのでしょうか?
例えば、ある日、何かの技術革新でSEと言う仕事自体が消滅する可能性はないのでしょうか?
これについては、ハッキリとは答えられません。
つまり、SEの仕事が消滅する可能性も否定はできないということです。
それはSEの仕事であるコンピュータシステムやソフトの設計自体が不必要になる可能性があるということです。
今やオフィスに必需品となっているパソコンですが、数十年前まではそんなもの存在していませんでした。
ですから、今後、数十年先に、パソコンに代わる新しい何かが導入され、パソコンが駆逐されている可能性はあるのです。
しかし、当面はそんな可能性はなさそうですね。


薬剤師と第1類医薬品

薬局やドラッグストアで購入する薬が第1類医薬品の場合、薬剤師が不在の時間帯は購入することができません。
第1類医薬品に分類されている薬は、使用する際、特に注意が必要な成分や、一般用医薬品としての販売経験が浅く、安全性が確立されていない成分が含まれているため、薬剤師に使用方法や副作用についての相談をしたうえで購入する必要があります。
ドラッグストアでは、薬剤師が他の業務を手伝うこともあり、医薬品レジを空けることがありますが、勤務している人が薬剤師かどうかは、名札で見分けることができます。
薬剤師の求人に関してはこちらのサイトが便利です。

薬剤師は仕事内容で職場を選ぼう

薬剤師の資格を取れば、多くの職場で活躍できるようになります。
薬剤師が求められる職場は、調剤薬局、製薬会社、病院・クリニック、一般企業、ドラッグストア、教育機関などさまざまです。
職場によって仕事内容や待遇やお給料も大きく異なってきますから、どのような働き方をしたいのかをよく考えて就職先を選ぶようにしてください。
お薬に関する研究に興味があるという方でしたら、研究機関や製薬会社が向いているかもしれません。
研究職は常に勉強をしていかなくてはなりませんから、大変な面もありますが、自分が関わったお薬が多くの人の役に立つというやりがいも感じられる仕事です。
人と接する仕事にも関心があるというかたでしたら、ドラッグストアや調剤薬局で働くのが楽しいかもしれませんね。
ドラッグストアは店舗経営に興味があるという薬剤師にもおすすめの職場だと思います。