薬剤師と第1類医薬品

薬局やドラッグストアで購入する薬が第1類医薬品の場合、薬剤師が不在の時間帯は購入することができません。
第1類医薬品に分類されている薬は、使用する際、特に注意が必要な成分や、一般用医薬品としての販売経験が浅く、安全性が確立されていない成分が含まれているため、薬剤師に使用方法や副作用についての相談をしたうえで購入する必要があります。
ドラッグストアでは、薬剤師が他の業務を手伝うこともあり、医薬品レジを空けることがありますが、勤務している人が薬剤師かどうかは、名札で見分けることができます。
薬剤師の求人に関してはこちらのサイトが便利です。

薬剤師転職サイト総合ガイド

薬剤師は仕事内容で職場を選ぼう

薬剤師の資格を取れば、多くの職場で活躍できるようになります。
薬剤師が求められる職場は、調剤薬局、製薬会社、病院・クリニック、一般企業、ドラッグストア、教育機関などさまざまです。
職場によって仕事内容や待遇やお給料も大きく異なってきますから、どのような働き方をしたいのかをよく考えて就職先を選ぶようにしてください。
お薬に関する研究に興味があるという方でしたら、研究機関や製薬会社が向いているかもしれません。
研究職は常に勉強をしていかなくてはなりませんから、大変な面もありますが、自分が関わったお薬が多くの人の役に立つというやりがいも感じられる仕事です。
人と接する仕事にも関心があるというかたでしたら、ドラッグストアや調剤薬局で働くのが楽しいかもしれませんね。
ドラッグストアは店舗経営に興味があるという薬剤師にもおすすめの職場だと思います。