SEとSIの違いって?

SE(システムエンジニア)とはその名の通り、コンピュータシステムの設計やシステム開発のプロジェクトを管理する人のことを指します。
このSEとして活躍するには2つの道があります。
1つは会社の情報システム部門などで、企業のシステム開発に携わる社内SE。
もう1つは、SI(システムインテグレーション)企業で社外の顧客からの依頼をもとに情報システムの企画、構築、運用などをするSIer(システムインテグレータ)。
このように、両者の違いはクライアントが「社内」か「社外」かという点にあります。
特に最近は、社内SEの人気が高まっています。

参考サイト:社内SEのサイト

社内SEはSEという仕事の中では比較的、残業が少ないのが魅力です。

クライアントが違えば構築すべきシステムもまるで違ってくるので、これからSEを目指す人は「SEとしてどんな仕事をしたいのか」を念頭に置き、就職活動をしたいですね。


SEと社交性

ビジネスで必要なスキルに交渉術があります。
これは人間関係の網の目の中で生きるビジネスマンにとって必須のスキルと言えるでしょう。
一見、コンピュータ相手の仕事と思われているSEの仕事。
こうした交渉術はあまり関係ないと思っているなら、それは違います。
どのようなシステムを導入するのか、どれぐらいのコストで、どのぐらいの期間で納品できるか…等々、SEの仕事にも交渉術は必要です。
こうしたスキルがあるSEはコンピュータの技術面でのスキルしかないSEに比べて、かなり重宝される存在と言えます。
こうしたスキルがあれば、一つのプロジェクトを任せられる優秀なSEになっていく道が開ける可能性が高いでしょう。


SE(システムエンジニア)は転職希望者が多いです。

1つの会社で長く働き続けていく方もいますが、転職をしてさらに自分を高めたい、いい職場に行きたいという方も少なくありません。
SE(システムエンジニア)は転職の希望者が多い職種です。
転職をして、さらなる好条件を求める方が増えています。
SEは集団で仕事をするというよりは個人的に仕事をやっていくことが多い職場ですから、転職もしやすいといえます。
働いている方が若い世代なので、転職にためらいを持つ方が少ないのも転職希望者が多い原因かもしれません。
転職をして新しい職場でSEとして、さらに飛躍することを考えている方もいます。
転職に成功できたらキャリアアップにもなりますから、SEとしてキャリアがさらに高まる経験を積むことができます。


訪問看護のお仕事

ママさんナースに人気がある職場が訪問看護ステーションです。
在宅で頑張っている患者さんの医療補助、リハビリの指導などを行います。
また、食事や排せつ、入浴や歩行といった個人に合った指導もしていきます。
もちろん、体温を測ったり、血圧を測ったりもします。
おむつを替えることもあります。
患者さんが喜んでくれるのを見ると、やりがいを感じる仕事だと思います。
もうひとつの大事なお仕事が、患者さんの家族をささえることです。
介護はストレスが溜まります。
家族の方も、看護師さんにいろいろ聞いてもらいたいことが多いのです。
しっかりと聞いてあげて、適切なアドバイスをすることにより、安心されます。
訪問看護は看護師の仕事の中でもいろんな意味で特別な感じの仕事と言えるでしょう。



SEという仕事は無くならないの

どんな仕事もビジネス上、必要とされるから成り立っています。
もし、その仕事が必要ないとされた場合、必然的にその職業は消滅します。
では、SEの仕事は今後もずっと存在し続けるのでしょうか?
例えば、ある日、何かの技術革新でSEと言う仕事自体が消滅する可能性はないのでしょうか?
これについては、ハッキリとは答えられません。
つまり、SEの仕事が消滅する可能性も否定はできないということです。
それはSEの仕事であるコンピュータシステムやソフトの設計自体が不必要になる可能性があるということです。
今やオフィスに必需品となっているパソコンですが、数十年前まではそんなもの存在していませんでした。
ですから、今後、数十年先に、パソコンに代わる新しい何かが導入され、パソコンが駆逐されている可能性はあるのです。
しかし、当面はそんな可能性はなさそうですね。